ダウンジャケットのクリーニング法

ダウンジャケットは洗ってはいけないと思っている人も多く、クリーニングに出すと高い料金が発生します。でも実際には自分で洗えるのです。

サイトトップ > ダウンジャケットを洗う時の注意

スポンサードリンク

ダウンジャケットのクリーニング法

ダウンジャケットを洗う時の注意


ダウンジャケットをクリーニングに出すと結構な料金がかかりますし、ダウンは洗わない方が良いという意見もあります。そのため、ダウンジャケットをクリーニングせずに、汚れたまま着ている人も多いわけです。


しかしながら、いくつかのポイントを押さえておけば、ダウンジャケットは自宅で洗濯することも出来るのです。基本的に「手洗いOK」マークがあるダウンジャケットは自宅で洗うことが出来ると思って大丈夫です。


実際に、ダウンジャケットを自宅で洗濯する時には次のポイントに気をつけましょう。先ず、中性洗剤を使うことであり、そして、ぬるま湯を使うことです。洗濯の際に揉んだりこすったりしないことも大事です。そして、洗う前には必ず色落ちチェックをしましょう。


ダウンとは水鳥の胸あたりにあるフカフカとした毛であり、普通の洗剤や水では強すぎて傷んでしまうし、摩擦や圧力によってつぶれてしまい元通りにならなくなることもありますから、あくまでも優しく扱うのが基本です。


ダウンジャケットの洗い方には、手洗いの場合と洗濯機を使用する場合がありますが、いずれの場合も色落ちテストをしてから洗いましょう。色落ちテストは、目立たない場所で試します。洗剤をタオルなどの白い布につけて、ダウンジャケットの生地をトントンと叩いてみましょう。それで白い布にダウンジャケットの生地の色が付くようであれば、自宅で洗った場合にはかなりの色落ちが予想されます。この場合は、残念ながらクリーニング店に任せた方が安全ですね。


ダウンジャケットのクリーニング法

MENU



スポンサードリンク